評判のいい保険相談をして費用を抑えよう!

安心して購入できる住宅

ペンを持つ人

中古住宅やリフォームでも

住宅を購入するとき誰でも心配なのは、雨漏りなどの欠陥がないかという点でしょう。外見上は問題がなくても、住んでみると不具合が見つかったり、耐震基準を満たしていなかったりすることがあります。こうした欠陥を瑕疵と呼んでおり、修繕に必要な費用は瑕疵担保保険でカバーすることができます。一般に新築住宅の場合、隠れた瑕疵についても10年間は施工業者が責任を負うことになっていて、買い主は無料で修繕してもらうことができます。しかし10年の間には業者が倒産していたりして、修繕できなくなる恐れがあります。こうした場合でも、瑕疵担保保険に加入していれば、保険会社から修繕費を受け取れる仕組みになっています。中古住宅では原則として、売り主に2年間の瑕疵担保責任が義務づけられています。しかし現実には、瑕疵不担保を条件として取引される物件が多くを占めています。このときにも瑕疵担保保険に加入することで、修繕費だけでなく転居費用や調査費用などの補償を受けられます。瑕疵担保保険はリフォームの際にも利用できます。もしリフォームの結果に不具合があった場合、リフォーム業者は受け取った保険金で修繕工事を行います。リフォーム業者が倒産していれば、工事の依頼主が保険金を受け取れます。瑕疵担保保険に加入するのは施工業者や仲介業者ですが、保険に入っているかどうかを確かめることで、消費者は安心して住宅を購入したりリフォームしたりできるでしょう。